サボンドゥフルールとは

サボンドゥフルールアレンジ例

「サボンドゥフルール」は香りのよい石鹸素材で作られたお花です。
生花とは違って枯れることがないので、長く楽しむことができます。
シルクフラワーとは違って、しっとりした質感があります。
プリザーブドフラワーとは違って、アロマの香りを楽しむことができます。
素材の安全性を重視して製造しています。

目で見て楽しむだけでなく、アロマの香りを楽しむことができます。
石鹸素材ですので、香りが薄くなると、バラ風呂や泡風呂を楽しむこともできます。
何通りもの楽しみ方ができることが大きな特徴です。

 

サボンドゥフルールの香りのこだわり

サボンドゥフルールは香りの良い石鹸素材のお花です。2008年の発売開始以来、多くのお客様に、お花の華やかさと香りの良さを喜んでいただいています。

幸せな気分にさせてくれる、こころと身体に優しい香りです。

 

・ブレンド名:ピュア

・香りの特徴:高貴な花の香りと清涼感を合わせもつ、瑞々しいフローラルブレンド

 

 


サボンドゥフルールのこんな特徴がお客様に喜ばれています。

  1. 花の大きさが生花と同じで、香りが良いので、生花のような雰囲気を楽しむことができる。
  2. 生花と違って枯れることがないので、長く楽しむことができる。
  3. 眼で見ての楽しみ、香りの楽しみの他、バラ風呂や泡風呂のような多くの楽しみ方ができる。
  4. 安心・安全である。

 

 

サボンドゥフルールは表現の自由度の高い花材です。

サボンドゥフルールアレンジ例
  1. 色合いの表現の自由度が高い。
  2. 開花具合を調整できるので、つぼみから満開までの状態を自由に表現できる。

他の花材との比較によるサボンドゥフルールの特徴

  自然の生命感がある 長持ちする 香りがよい 質感がある 自由にアレンジして楽しめる 幾通りもの楽しみ方ができる
生花  ○  ー  ○  ○  ー
プリザーブドフラワー  ー  ー  ー  ー
アーティシャルフラワー  ー  ー ー   ○  ー
サボンドゥフルール  ー  ○   ○  ○  ○

サボンドゥフルール誕生物語

庄司佳永

22歳の時からお花の世界に携わってきました。フラワーアレンジメントのスクールを立ち上げて教えたり、請われて空間装飾の仕事にも携わってきました。

 働きすぎて体調を崩し、いったんお花の世界から離れていたのですが、2009年の春、知人の紹介で、たまたま石鹸素材の花材と出会いました。見た瞬間に、「これはたくさんの人に喜んでいただける商品になる!」と実感しました。

 今までずっと、お花の仕事をしてきて、石鹸の花のアレンジメントを作れば、お花の新しい価値が創造できると確信したのです。やはり自分はお花の世界が好きだったんだなとその時に思いました。

 その年の秋に、この花材を「サボンドゥフルール」と命名して、販売を開始しました。花材商社さんにご提案すると「今までにない花材」と喜んでいただくことができました。それがサボンドゥフルールの始まりです。

 その後、2012年1月にグランプラスを立ち上げて、本格的にサボンドゥフルールの製造販売に取り組むことにいたしました。

 現在では、ユニーホールディングス様等数多くの小売店様、ネットショップ様でお取り扱いいただいています。

 サボンドゥフルールの製造販売を通じて、この石鹸素材の花の他にはない魅力の数々を多くの人に知っていただきたいと考えております。

 

                                 

                         グランプラス代表 庄司佳永

グランプラスのサボンドゥフルールがお客様に喜んで頂いている理由

グランプラスには3つの知的資産があります。

グランプラスのサボンドゥフルールがお客様に喜んで頂いている理由のもとになっている、グランプラスの3つの知的資産についてご説明します。

サボンドゥフルール1輪画像

高品質な素材

  1. 実際のお花と同じサイズで、生花の雰囲気をお楽しみいただけます。
  2. 発色性が鮮やかでしっとりとした質感があります。
  3. 成分の安全性については試験済みです。
  4. 定番のバラ以外にも、ミニバラ、ガーベラ、カーネーション、小花類のバリエーションがあります。
サボンドゥフルール9輪BOX画像

デザイン性

  1. お花やデザインに関する豊富なノウハウ、提案力があります。
  2. 花材以外の素材を組み合わせたオリジナルデザインも得意としています。

 

仕入・生産体制

  1. 独自の仕入れルートから直接仕入れしています。
  2. 外注先との連携により、1日に1000個程度の製作が可能な体制を構築しています。

庄司佳永プロフィール

  •   1968年 生け花をきっかけにお花に携わる。その後、英国のフラワーアレンジメントを学ぶ。
  • 1980年 西武百貨店、近鉄百貨店の文化教室、高槻の社会保険センター、カネボウ等でフラワーアレンジメントを教え始める。
  • 1980年 フラワースクールFCJ(Flower Creat Japan)を立ち上げ、累計で約3000人の生徒を指導する。
  • 1981年 店舗装飾、舞台装飾、展示装飾等の空間デザインの仕事を始める。
  • 1985年~ ディスプレイデザインアカデミーで、空間ディスプレイについて本格的に学ぶ。
  • 1987年
  • 1988年 アメリカにて、ビル・ヒクソン氏に師事する。
  • 1991年 アメリカにて、ビル・ヒクソン氏からデュプロマ取得。
  • 1992年 オランダにて、テオ・ブルーマアンスティテュートで学ぶ。
  • 1993年 オランダにて、ニッキー・マークスラフに師事する。
  • 1999年 ヨーロッパの本格的な授業を生徒に受けさせたいと思い、ベルギーのフラワーデザイナー、ソニア・バンゲルス氏を自校(FCJ)に招聘し、自校のカリキュラムの充実に注力する。
  • 2005年 体調を崩し、休養する。
  • 2009年 石鹸素材の花材と出会い、サボンドゥフルールと名づけて販売開始する。
  • 2012年 グランプラス創業。サボンドゥフルールの本格的な製造販売開始。

 

お問い合わせ

TEL 06-6926-4483

FAX 06-6926-4481

受付時間 

10:00~16:00

担当 宮川